水道の修理の必要がある時の対処法

水道の修理の必要がある時の対処法 水漏れなどの修理は自分でも対処できるのですが、自分で行う場合には冷静な対応が必要になります。少しでも不安がある場合は無理をせず業者に依頼する方が失敗がありません。また、賃貸物件に住んでいる場合には、自分で勝手に対処することで周りに迷惑がかかる可能性も考えられます。
業者に依頼する場合もまずは水道の元栓を閉めることをおすすめします。水があふれているような状態になっていると焦ってしまいますが、元栓を閉めてしまえば水も止まるので、被害が拡大するのを防げます。水道 工事の業者に対処してもらうことで、今後トラブルが再発する可能性も少なくなります。

■作業をするときは元栓を忘れずに閉める

元栓を閉めるのはそれほど難しいことではありません。ポイントになるのはどこに元栓があるかを確認しておくことです。家屋内にある場合と屋外にある場合があるので、それぞれで対応が変わってきますが、工具があればすぐに元栓を閉めることができます。
水道のトラブルの修理を業者に依頼する場合には、直ぐに修理をしてもらうのではなく、現地で状況を確認してもらいます。そして見積もりを用意してもらって、その金額をもとに修理について相談します。見積金額の内容について疑問がある場合には遠慮なく聞きましょう。また、水道が使えない状態は非常に不便であるため、いつから工事を始めていつまでに終了するのかについても確認しておくことが大切です。

■賃貸物件に住んでいる場合の対応
賃貸物件に住んでいる場合には、管理人や大家さんに連絡しましょう。マンションなどの場合には階下に住んでいる方に迷惑をかけてしまうことを避けるために、迅速に対応する必要があります。業者への連絡についても、管理人が代行してくれることも考えられるので、管理人が居る場合には対応の仕方を相談してみることもおすすめです。水漏れの原因や対応によって変わる場合もあるため、管理人や大家さんの方で修理費用を負担可能かどうかの確認もしておきましょう。

■水道業者に修理を依頼する場合の留意点

24時間対応の業者もあるので、そこに修理を依頼すれば、迅速な対応を期待できます。料金の支払い方法や追加費用発生の可能性の有無についても相談しておくべきです。工事には材料が必要になります。大手会社であれば、在庫が豊富であるため、材料の取り寄せに時間がかかってしまうということはほとんどありません。しかし、中小の会社の場合はその部分がネックになってしまうことも考えられるため注意しておきましょう。
工事を依頼する場合、メールより電話での依頼がおすすめです。忙しくてメールを見てもらえないという可能性もゼロではありません。特に急いでいる場合は電話で依頼する方が迅速に対応してもらえます。実際に会話をすることで業者の対応なども分かるので、初めて依頼する業者であれば、電話でコンタクトをとる方が安心して依頼できます。

■まとめ
水道 修理をする場合には、迅速に対処してくれる修理会社を探すことが必要であるのは言うまでもありませんが、会社に連絡をする際にはその前に水道の元栓を閉めておくことも大切です。また、出来るだけ大手で出張見積もりに対応してくれる会社を探すことをおすすめします。
工事行程について色々と相談し、納得した上で工事を依頼することが必要です。いろいろなタイプの水道のトラブルが考えられます。水道業者はすべてに対応可能であることがほとんどですが、場合によっては対応できないというようなケースもあるので、時間の無駄を省くためにも水道のトラブルの状態をあらかじめ出張見積もりの前に説明しておくと安心です。同時に工事をするために必要となるおおよその期間も確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース